進学塾いつから通塾しますか?

悩む所ですよね・・・・

 中学受験の場合、小4の夏期講座からのような気がします。

 (すみません。これは私の考えです)

 正直、高知の私立中学に・・・・とお考えの方は、小5からでも全然間に合います。

 ですが、何故 そこで小4の夏期講座から???と言ったのか・・・・・

 それは、集中力をつけていく為です。

 1つに、「親が行きなさい」と言ったから入塾した場合、小5からでは自分の気持ちも定まっていないため、長い時間の授業は たいくつで仕方がないと思います。

 「親が行きなさい」と言って入塾をお考えの方は、小4からが良いと思います。

 なぜなら、まだまだ時間に余裕があるからです。

 30分しか集中力が続かないのであれば30分からやりましょう。

 当塾は、小4まで 個別授業です。他の友達と比べる必要は無いのです。

 そのうち、周りがずっとやっています。自分もまずは座ってやる癖がついてきます。

 県外など狙っているのであれば、

早いうちから入塾させると解く問題数が愕然と違ってくるのでメリット大です。

 そして もう1つに、「自分で決めて入塾した場合」でも、いきなり入塾し 長い時間授業をやる大変さに慣れていないと自分自身がしんどいから・・・・という理由です。

 授業のスピードに乗っていけない→テストの点数がとれない→落ち込む

慣れるまで待っていると小5からの入塾では間に合わなくなります。(個人差もありますが)

 小1~小4でも、和差算の基礎的知識を入れながら当塾では教えています。小5からの和差算への取り掛かりがスムーズだからです。

 小1の子とかも 自然と線分図を描き出します。慣れって凄いんです。

 小5からでも和差算の基礎からしますが、今まで使っていない線分図を使う。と言うことに子供達はパニックになるようです。簡単に思えるのですが、子供達からしたら難しいようです。

 小4の初めには受験を考えてないかもしれないので、何とも言い難いのですが、

受験をさせたい親・受験したい子供で まだ塾に行ってない子がいるなら

夏期講座で 少し長い授業を体験してみてください。

メリットは、

「学校が休みなので心に余裕が持てる」

って所でしょうか。

高知市内にある

進学塾 東川塾への

入塾お待ちしています。

コメント