中学受験を目指すためのおススメ参考書・問題集(高学年)パート2

パート1では、基本となる参考書、受験の際に持っておきたい参考書を紹介しています。

パート2では、演習についてお話させて頂こうと思います。(今回は算数編)

正直、私自身も子供が4人おり参考書選びより問題集選びに苦労しました。

高知県から県外目指すのであれば、これかな?

県内の私立中を目指すなら、あれかな?など色々試した結果、

家庭学習としてやっていくための問題集として良いな。と思ったものは・・・

高知市の私立中(土佐・学芸・土佐塾・高知・土佐女子)を目指す生徒は、

計算をしっかり!!

土佐塾中・学芸中・高知中・土佐女子中を目指す方は、計算も基礎をしっかり。

本当は、↓ これが好きなのですが、廃版なのかな?中古品しかアマゾンでは無いので

これが↓ 新版のようですね。

土佐中を目指す方は↓の問題集はやっておきたいな。と思います。

高知から県外受験も目指している方は↓の問題集まで手が届けば良いですね。

問題集として、和差算・分配算・旅人算などに分野別になっているものを好む方は
マイジュック・コア・エフォートを使用している塾が多いと思いますが
一般では購入できないので、パート1で紹介した応用自在算数の問題をした後、
下記問題集がマイジュック・コア・エフォートに近いのかな?と感じました。
小6生でも演習問題集なので小4からやってみていいと思います。

または、日能研さんから出ている基本問題集も基礎をやらせたい時には良いと思います。

ですが、10月頃からは色々な問題が解けるものがよく、

私が好んで使用しているのは
下記↓の下剋上算数です。

私は、自分で子供達に教えれるので、長女は県外受験を目指していたため小5からやり
基礎編が終わり次第難関編に入る形でやらせました。
次男は県内受験のため小6に入る3月ぐらいからスローペースでやっていく感じです。

上記の下剋上算数は、攻略本があるので、説明に困ったら使用してみるのも
手かもしれませんね。(すみません・・・攻略本は使用したことがないので説明が
難しいか難しくないかは私個人としては申し上げにくく…)

超々最難関中を目指す子は、下記↓もおもしろい問題が多かったです。

この下剋上算数をやらせつつ、よく間違える分野の問題を分野別になっている問題集で練習するようにしていました。

高知県内受験を目指す人は、土佐塾さんから出版されている基礎問題集・予想問題集は何クールかやっておきたいですね。

長くなるので、算数について書かせていただきました。

また、理科や社会、国語についても書いていきたいと思いますので
参考になれば嬉しいです。

コメント